inclusion.jpg
わたしたちは
身体の不自由な子ども達を
​全力で応援します

わたしたちの活動

​イベント&ワークショップの開催

家族みんなで楽しめるイベントや、​お子さんの年齢別に知りたいことを学べるワークショップなどを季節や時期に合わせて定期的に開催しています。

ご家族同士の交流会だけでなく、特別支援教育や保育、医療福祉の専門の先生によるさまざまテーマのアクティビティやワークショップを行っています。

ピアサポートひまわり

NICUを退院したばかりで不安でいっぱいのママ、医療ケアなどで外出が難しいママ、周りに同じ環境の人がいないママ、​不安や悩みをどこに相談したら良いか分からないママ、かるがも会は遠くて参加が出来ないママなど、
​こもりがちになってしまうママ達がZoomというオンライン会議アプリを使ってピアサポーターと直接会話が出来るシステムです。

かるがもひろば

かるがもメンバー同士で交流ができる会員制交流ページです。他のメンバーに聞いてみたいことを質問したり、悩みを共有したりなど、自由に投稿、閲覧ができます。同じ境遇にいるこそ、わかりあえる、支えあえるコミュニティを運営しています。

Inclusion-1280x720.jpg
​かるがも最新情報はこちら

かるがもCPキッズの活動やお知らせを

​随時更新しています。

脳性まひってなぁに?

胎児期から生後1か月頃までに脳にダメージを受けた事による脳障害の後遺症で、運動発達や姿勢に影響が出る病気です。

発達の程度はさまざまで、

歩き始めが遅れる、足を引きずって歩く位から、首も座らず寝たきりの状態まで幅があります。

 

早産の赤ちゃん、新生児仮死を起こした赤ちゃんによく見られますが、原因がわからないことも多くあります。

 


赤ちゃんや子供の場合、

ダメージを受けた部分を脳の他の部分でカバーする事が可能であり、それを助けるにはリハビリテーションが有効と言われています。

 

 

「心のバリアフリー」を目指して

身体が不自由な子供達の未来には

「ありのままを受け入れる」という、大人社会の心のバリアフリーが必要不可欠です。

 

 

かるがもCPキッズは、かるがも親子の様に

寄り添いながら、偏見の無い世界を目指して活動していきます。

代表 江利川ちひろ
朝日新聞出版 AERAdot.コラム連載
「障害のある子と生きる家族が伝えたいこと」
毎月第2第4火曜日更新中!

 

F88A23D7-34C7-4875-B8FF-2BECAFFB5EA3.JPG

 "The eyes of a child."

大人と子供が障害をどう捉えているかを描いた動画です。

「心のバリアフリー」を繋ぐ為にも、どうかご覧下さい。

​お問合せはこちらへ